2008年12月20日

ワインセラーの選び方 動力の違い

ワインセラーには用途によっていくつかの動力方式があります。

それぞれメリットやデメリットがあるので

自分の用途にあった方式のワインセラーを購入すると良いのではないでしょうか?

そこで主な動力方式とその特徴をあげてみましょう。


コンプレッサー方式 (フォルスタージャパン、ユーロカーブなど)

コンプレッサー式のワインセラーには力強い冷却力があります。
デイセラーと呼ばれる日常消費型のワインを保管する場合やレストランなどで一日に何回も開閉する場合はこれが向いています。
開閉の度に庫内に入り込む温度の高い外気によって急激に上がる温度をすばやく設定温度まで戻す能力があります。
但しモーター(動力)を使用しますので必然的に振動が起きるのがデメリットと言えます。

ペルチェ方式 (デバイスタイルなど)

ペルチェ方式のワインセラーとは電流を流した半導体(ペルチェ素子)の片方が熱を発生し、もう一方は熱を吸収方式のワインセラーです。
ペルチェ式は電流の方向や量で冷却・加熱の大小が設定でき、振動や音もなく 温度を変化させることができます。
ペルチェ効果を利用すれば、温度は電気の量で調整されるので急速な変化をせずゆっくりと目標温度まで下げ、安定した温度設定を一定に保ち続けます。
動力(モーター)もないので振動もなく「ワインの澱」も踊らず 理想的な環境を作るのに最適です。


アンモニア方式 (ドメティック社)

ペルチェ式のワインセラーと同じく無振動型で冷却力はペルチェ方式より強いのが最大の特徴です。
密閉された冷却ユニットの中にアンモニア水溶液(冷媒)と水素を封入し、アンモニアの気化熱によって冷却します。


簡単に言うとデイセラー感覚で開閉頻度が高い方にはコンプレッサー方式

グランヴァンやプリムールをしっかり熟成させてという方にはペルチェ方式やアンモニア方式が良いのではないでしょうか。

ワインセラー選びの専門サイト ワインセラーナビ



posted by S at 14:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://p4927m9.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月03日 03:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。